私の「中古住宅×リノベーション」を綴るブログ

リノベーションのひとつひとつ

リノベーション 購入前の確認

住宅購入前にはホームインスペクション(住宅診断)が大事!

更新日:

こんにちは。

私は、築21年の中古戸建を購入したのですが、購入前に住宅診断士に家を見てもらいました。

診断してもらって本当に良かった!住宅診断してもらうのに、54,000円かかりましたが、安かったと思っています。当初、値下げ交渉には消極的だった売主でしたが、住宅診断の結果を提示し120万円の値下げにも成功しました。

新築は、瑕疵保険が10年あるという安心感があると思っていますか? 新築でも時々、重大な欠陥が見つかることがあるそうですよ。

私が依頼したインスペクターさんは、新築を診断して重大な欠陥がみつかり、裁判中の物件があると言っていました。(裁判中とのことで、詳しくは聞けませんでしたが。)

ホームインスペクションを依頼するタイミング

物件を診断してもらうタイミングは、いつか。それは、物件をおさえたらすぐです!

正確にいうと「買付証明書」を提出した段階です。(購入申込書という名前の時もあります。)

※買付証明書提出時に、申込金が発生する場合もあるそうですが(1万円〜10万円くらい)キャンセルすると全額返金されます。私の場合、申込金は発生せず買付申込書に記入捺印するだけでした。

買付証明書を提出した段階というのはあくまで「この不動産を購入したいよ。」という意思の表明であり、なんの義務・権利は発生しません。買主の意思で「やっぱり購入しません!」と言っても、何もペナルティもありません。

権利も義務も発生していないけど、他の人に物件を先に買われてしまうこともなく物件を押さえているという貴重な時間なんです。この時に、住宅を見てもらうのがベスト!

もちろん、売主の承諾があれば買付証明書を出す前に、ホームインスペクションを入れることはできます。でもお金を出して診断してもらっている内に他の人が申し込みしてしまった、なんてそんな悲劇ないですよね。これは、おすすめしません。

逆に、購入をしてから住宅診断をする方も多いようです。でも、欠陥が見つかればその分補修をしなくてはなりません。その経費がいくらかかるのかわからないまま契約するのって怖いですよね。

売主さんの中にはインスペクションを入れるのを嫌がる方が多いそうです。仲介業社さんの話だと、私たちが買った物件の売主さんも嫌がられたようです。荒探し、と捉えるのでしょうね。

ですから、自分から言わないとホームインスペクションを入れないまま購入ということになる可能性もあります。是非、買付証明書を提出をした段階で、家を見てもらいましょう!

物件はいつまでもおさえていられる訳ではありません。そこは、仲介業者さんに確認をとってくださいね。

ホームインスペクションはどこに依頼する?

これは、もし仲介業者さんや依頼するリフォーム会社さんの中にインスペクターの資格をもっている人がいたとしても、第三者の機関にお願いしたほうがいいと思います。

しがらみがあるところでは公平、公正な診断ができるか心配です。「透明性」「熟練度」を考えたいですよね。

私は、一級建築士事務所のJSHI公認ホームインスペクターさんにお願いしました。

ホームインスペクションの金額は?

私の場合54,000円でした。だいたい相場は5〜9万円くらいです。

これを高いと思いますか?私は、この金額を出しても依頼して良かったと心の底から思っています。

ホームインスペクションにお金をかけなくともわかる欠陥

住宅で一番大事なことは、構造がしっかりしているかどうかです。

もし、住宅を内覧した時に、床が軋んでいるとか、建てつけが悪いというのは構造に問題がある可能性があります。シロアリの可能性もありますね。

もちろん、インスペクターに見てもらい原因を探り改修する選択をするのもありだと思います。

ですが、程度によっては、インスペクションを依頼せずに購入を断念することも視野にいれましょう。

勘だけを頼りにするもの問題ですが、傾いている物件は入った瞬間に「なんか気持ち悪い」というような気分になるものですよ。

 

実際に私が購入した家ホームインスペクションの結果はこちらです↓

ホームインスペクションの結果、公開!

記事下

記事下

-リノベーション, 購入前の確認

Copyright© リノベーションのひとつひとつ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.