私の「中古住宅×リノベーション」を綴るブログ

リノベーションのひとつひとつ

お家づくり リノベーション

【戸建リノベーション】天井を抜くと、予想以上に音が響く!

更新日:

こんにちは。

先日、解体が進んでいる家を見てきました。

リノベーションをする方には「躯体現し」で建物の基礎構造をむき出しにしてコストダウンと風合いの良さを両立する人が多いのだそうです。(先日、リノべるという会社の方がそんなことを講演で話していました。)

私も例外ではなく、家には筋交い(※建物を強くするために、柱の間などにななめに交差させてとりつけた木材。普通は壁の中に隠れています。)を活かした棚ができる予定ですし、天井を抜いて躯体を現そう!と考えていました。天井を抜くというのは、部屋の上部にある天井材(私の家の場合は石膏ボード)を取り払ってしまうということです。

天井を抜くと、部屋に高さがでることで開放感が出ます。ただし、部屋の高さがある分、部屋が暖まりにくくなります。暖かい空気は上に溜まってしまうからです。これに備えて、シーリングファンをつければ、万事OK!……かな?

我が家のパース。右側の筋交い(ばってんのところ)を現したまま、棚をつくる予定です。天井は、躯体はそのまま現して、白く色を塗る予定でした。

解体前に、1階の天井の点検口を開けている時の写真です。天井材の上に50cmくらいの隙間があります。天井材を壊すと、この分部屋が高くなります。

 

「天井抜くのは考えたほうがいいよ」というアドバイス

ところが去年、戸建リノベーションをした知り合いの方が「天井抜くのは、考えた方がいいよ!」とアドバイスをくれました。

その方は、開放感を求めて天井を抜いたのだけれども足音が予想以上に大きく響くことが気になっているのだそうです。

考えてみれば、天井材を取り払うということは、1階天井が2階の床になるということです。少し懸念していた点ではありました。

私は風合いを優先にしようと考えていましたが、知り合いに言われると「そこまでうるさい!?」と段々心配になってきてしまいました。

 

そこで、私達は子供部屋の下は天井を抜かないという方法を考えました。それなら、解放感は失われないし、私達夫婦の寝室の下は、天井を抜いても音は気にならないだろうという考えです。

 

実際に天井材を取ると、こんな感じになります。

右側が天井の石膏ボードを剥がした状態。左側が、天井材を残している状態です。(白いのが天井の石膏ボード。)

足音は予想以上に響いた!

先日、解体された家で、実際に2階を歩いている音を聞いてみました。

すると、やっぱり思った以上に音が響くんです。靴を履いて歩いているせいか? と思い、寒い中設計の方には申し訳なかったのですが、靴を脱いでも歩いてもらいました。

それでも、結構な音です。足音のトントンという音に加えて、ミシミシッという音も聞こえました。うううん。でもやっぱり天井は抜いて開放感を出したいし……。

予定を変更!

ということで、またしても、私たちは予定を少し変更しました。

設計者さんが、案を出してくれました。

新たな案とは……横にたくさん走る根太の上に天井を貼り、太い木のみ現しにすること!

緑の木の上に天井ボードを貼り、オレンジの部分が表に出てくるように。

2階の床の下にほんの少しではありますが、空間ができます。これで、ちょっとは音の軽減が望めるかな。

予定より少し、天井は下がることになりましたが、それでも通常よりは高い天井です。これでよしとする!

これで、足音がどうなったのか、仕上がってからまたこのブログに書きますね。

天井を抜くという選択の前に、よく考えた方がよさそう

リノベーションは、確実に増えてきているようですがまだまだマンションばかりのように思います。

天井を抜いた体験談が、もっとネットに溢れればいいのに。

これからリノベーションを考える方、天井を抜くぞと企んでいる方は一度実際に歩いて音を確かめてください。

音が想像以上に大きくても、見た目を優先するのだってありだと思うんです。

それぞれ生活スタイルは違いますし、家作りに正解はありませんから。

記事下

記事下

-お家づくり, リノベーション

Copyright© リノベーションのひとつひとつ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.