リノベーション 引越しに伴う手続き

引っ越してもいない住所に、住民票を異動しました。

更新日:

こんにちは。りかです。

現在リノベーション中(解体が始まったばかり)の我が家ですが、すでに住民票は解体中の家に異動しています。

今日は、住所の異動について。

住宅ローンの契約前に、役所に行って嘘をつく必要がある

住宅ローンの審査が通り、いざ金消契約を結ぶ時の必要書類の中に「新住所の住民票」というのがありました。

新住所の住民票? 住民票って、実際に住んでいるところの住所なんじゃないの? 引越しはまだ3ヶ月も先です。解体が始まったばかりの家に、住民票を異動するっておかしくないのかな。

実際のところ、まだ住んでいない住所に住民票を異動することは『住民基本台帳法違反』という罪なのだそうです。ところが、これは慣例として行われているんですね。

「区役所では『住所が変わりました』と伝えて住民票を異動してください。」

と、嘘をつくよう指導されました。至極当然であるかのように。

「まだ、引っ越ししていないんですけど、近いうちに引っ越ししますから。」

と言ってしまうと、役所では住所の異動をしてくれないそうです。それは、そうですよね。違反なのですから。

嘘ついてでも、住所を変えておいた方がいいようです。

私にとっては「登記にかかる手間や費用を減らすことができる」「登録免許税の軽減措置を受けることができる」というメリットがあります。銀行さんにとっては、住宅ローンの契約者本人がその住所に住むことを確認する目的があるのだそう。

役所じゃ黙認するのではなくて、こういったケースの特例を設けて欲しいなぁ。嘘をつくのは気分がいいものではありませんから。

子育て世帯は、住所変更だけでは終わらない

住所の変更届けは、とても簡単でした。必要なのは、私の身分を証明する免許証だけ。区役所で住所異動の用紙に記入、提出するだけで終わりました。

私は、住所の変更をするだけのつもりで区役所に行ったのですが……。

「児童手当等の変更はお済みですか?」

なんて言われました。何? 他にしなくてはならないことがあるの?

結局、言われるがままに下記の手続きをしました。

住民票の異動

子ども医療費助成受給者証の変更

母子手帳・予防接種等手続き

※市内でのお引っ越しだったため『児童手当の変更』は不要でした。

それぞれの窓口へ行き、指定された紙を書くだけで終わりました。

母子手帳、予防接種等の手続きって何ですか? と聞いたのですが、歯切れの悪い口調で「小学校前に注射をうけていないと通知がくるようになるような、もににょもにょ……」とよくわかりませんでした。渡された紙は、母子手帳なんとか届けとかそういった類の書類ではなく、小さい紙切れです。子供の名前と生年月日を書く欄があり、そこに記入しただけです。

未だにあれは何をするためのものだったのか、疑問に思っています。

 

最初に住民票異動の窓口に行けば、その後必要な手続きとその手続きの窓口を教えてくれます。住民票を異動して、住民票を取得する待ち時間の間に子供関連の手続きは全て終了しました。

 

そんなわけで、引っ越してもいないのに新しいお家の住人となりました!

実は、住所を異動して困ったこともありました。

それは、こちらにまとめています。

https://kodate-renovation.com/引越し前に住民票異動/

記事下

記事下

-リノベーション, 引越しに伴う手続き

Copyright© リノベーションのひとつひとつ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.