お家づくり

壁のDIY!和室は「うま〜くヌレール」で漆喰壁に。

こんにちは。りかです。

築21年の、戸建リノベーションは順調に進んでいます。1週間後には引越しを控えています。

振り返ると、私は、思いつきでリノベ担当者に「あんなことをしたい!」とわがままを言ってきました。

担当者さんは、私の要望をすんなり取り入れてくれたり、「ならばこれで」と違う方向からビシッと提案してくれたり。

感謝の気持ちでいっぱいです。

先日のこと。私の思いつき提案の一つ「自分たちで漆喰の壁を塗りたい」という希望を叶えてきました。

漆喰壁って素敵

私が漆喰に興味をもったのは、新築の友人宅に遊びに行った時のことでした。

1階と、階段の壁が漆喰壁だったのですが、その質感の素敵なこと!!

この時、すでに我が家のリノベーションも始まっていたので、興味津々で見渡してしまいました(笑)。

真っ白で、柔らかくて、お部屋全体が明るくなっているように感じました。

思い立ったらすぐ!の私は、帰宅後早々にリノベ担当者さんへメールをしてしまいました。

『家の壁、どこでもいいから漆喰を取り入れたい。予算的に無理なら、自分で塗るから壁の下地まで用意して!!』

我ながら、むちゃくちゃです。

それでも、担当者さんは「和室の壁、一緒に塗りますか!」と明るい返信をくれました。ほんと、感謝。

そんな流れで、私たちは和室の壁を、DIYをすることになりました。

用意したもの(リノベ会社さんが用意してくれたもの)

用意したもの

・うま〜くヌレール(素人でも塗れる、漆喰)
・コテ
・コテ板
・ヘラ
・ブルーシート
・マスキングテープ
・ゴム手袋

うま〜くヌレール

素人用の漆喰です。練り混ぜる必要が無く、そのまま塗れるものです。

クロスの上からでも、石膏ボードの上からでも塗れます。

※実際に塗ってみた感想としては、石膏ボードよりもクロスの上からの方が漆喰がのりやすく、塗りやすかったです。

コテとコテ板

職人さんが持っている、金属のものではありませんが、素人にはプラスチックで十分でした。

ヘラ

これは、100均にある製菓用のヘラでも代用できるように思いました。

端っこに漆喰を塗る時に、役立ちました。

ブルーシート・マスキングテープ

養生(汚れないように保護すすこと)は、しっかりしたほうがいいと思いました。

何せ塗るのは素人ですから、コテからポタっと落ちてしまったりします。

ゴム手袋

これは、普段キッチンで使っているものでも何でも、手を保護できれば問題ないと思います。

いざ、素人の壁塗り!!

最初は、左官屋さんを呼んで指導してもらって……なんて話もありましたが、最終的には素人がワイワイ集まって楽しく、というスタイルになりました。

下地づくりに1度薄く塗り、乾いたらもう一度塗るという2度塗りです。

塗る前に、うま〜くヌレールのホームページで事前勉強をすることをオススメします。

それぞれが思い思いに塗った結果

大人5人でワイワイ塗ったのですが、途中でシーンとなるほど熱中しました。

途中からは、「あ。手でもいけますね。」と手で塗ってみたり(ゴム手袋はしているよ)、「私はサイゼリア風で!」と素人のくせに波型に塗ろうと四苦八苦したり(これ私)、男前にごつごつ塗ってみたり。

好きなように、楽しく塗りました。

その結果、この面は夫が塗ったところだね。とすぐにわかるくらい、それぞれの面に個性がでました。

私は、皆で塗った達成感で胸がいっぱいになり、統一性がないことはあまり気になりませんでした。むしろ、誰が塗ったか忘れないから、良い思い出になっていいかも。

右下に私の影が入ってしまいましたが、これは私が塗ったところです。

もし統一性をもたせたいのなら、1人で塗るのがいいかもしれません。(でも、大人5人でも和室一つ塗るのに、そこそこ疲れました)

事前の塗り方のイメージを決めておくのもいいかもしれないですね。

塗り終えた感想

楽しい!でも意外と疲れる!

やはり、左官屋さんのようにはいきませんが、それなりに風合いが出ました。

私は、白を塗ったのですが部屋はとっても明るくなりましよ。

何より、自分たちで漆喰の壁を塗ったことで、家に愛着が湧きました。これが、一番の収穫だったように思います。

和室の完成写真は、また後日に。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。