設備

紙巻器(ペーパーホルダー)は、カワジュンのものと雑貨屋さんのものを選びました

築21年の中古戸建のリノベーションは順調に進んでいます。

今日はトイレの紙巻器(ペーパーホルダーについて)。

女性陣は、トイレの紙巻器(ペーパーホルダー)って、ちょっとこだわりたいポイントだったりしませんか。

でも、どうやら夫は、そこは「お金をかけたくない部分」だったようです。

安くて機能的な紙巻器

我が家はTOTOのトイレを選んだのですが、合わせてショールームで夫が選んだ紙巻器は

「一番安いやつ」でした。

定価でも2,000円ちょっと。業者を通して買うと1,800円くらいだったと思います。

白い樹脂製のもので、トイレットペーパーを抑えるカバーにはギザギザが付いているものです。

デパートや小学校のトイレなんかでよく見かけますよね。

そういえば、私の実家もそういうのだった気がします。

安いといっても、機能性には全く問題がないんですよね。トイレットペーパーは変えやすくなっているし、紙を切りやすいんです。

私は

「うううん。どうせだったら、もっと可愛いのを選ぼうよ。」

と伝えたのですが、夫は

「こんなところにお金をかけていったら、キリがなくなるって!!機能性が十分であれば問題ないじゃん!」

と。

一旦、それで見積もりを作ってもらうことにしたのですが……日に日に不満が募り「何がなんでも、違う紙巻器にしてやる!!」という決意に変わりました。

強行突破です。夫に相談せずに、リノベ会社に『紙巻器は、こちらで用意するので、以前お願いしていたものはキャンセルでお願いします。』とメールしました(笑)。

こだわりたいポイントは人によってそれぞれですからね。仕方ない、仕方ない。

機能にこだわるなら、メーカーのもの

紙巻器は随分と種類があります。

探してみると、機能こだわるのであればメーカーのものが安心だと感じました。

夫は「トイレットペーパーの上には紙を切りやすいカバーがあるものでなくては、嫌だ!!おしゃれより使いやすさ!!」 と、機能にこだわりがあったので

カワジュン

サンワカンパニー

この二つから探しました。この2社は、デザインも豊富なのですがシルバーのスタイリッシュなデザインが多いです。少しだけ、アイアンっぽいものもありました。

私は、2階のトイレには、カワジュンのSC-473-XKを選びました。ちょっと男前な感じ。

とてもシンプルでお値段も抑えめなのですが、カワジュンなら使いやすいであろう、という安心感が後押ししました。

見た目重視なら、雑貨やさん

1階のトイレにはもうちょっとナチュラルなものを選びたい。

でも、上で紹介したサンワカンパニーや、カワジュンにはナチュラル系のものは無いんですよね。

どこで選べばいいのやら。

リノベ会社の担当者さんに、安くて可愛いナチュラル系のペーパーホルダーはないか? と相談すると、ナチュラル系なら

クレエ

ポッシュリビング

がおすすめと教えていただきました。いかにもリノベっぽい無骨なかんじであれば

toolbox

もいいよ、と。

可愛い♪と思ったのですが、どこも、夫のこだわりポイントである、紙を切る部分のカバーが付いていませんでした。

仕方がないので、ここは楽天ショップで。

我が家の1階のトイレは狭く、収納がほとんどありません。トイレットペーパーのストックはトイレの外側にある棚に置く予定です。ですから、私が絶対に譲れないポイントはトイレットペーパーホルダーが2連であること!

正直、1連のほうがシンプルでさりげなくて可愛いと思うんですけどね。でも、暮らしやすさを考えると我が家の場合は2連なのです。

選んだのは、こちら。

かろうじて、紙を切るカバーが付いている? いや、これは夫は気に入らないかもしれない……。と若干の不安を抱えつつ。

実際に取り付けた様子や、使い勝手はお家が完成したらこのブログに書こうと思います♪

最後までお読みいただきありがとうございました。