リノベーション *WEB内覧会*

*WEB内覧会* キッチンのbefore, after

投稿日:

こんにちは。

築21年戸建てリノベーションはもう少しで完了というところです。

数日後にはお引越しです!引越し準備は全然進んでいませんが。

今日は、WEB内覧会、キッチン編です。

図面でみるbefore after

リノベーション前、キッチンはセミオープン型でした。コンロ前は、壁になっており、頭上に、吊り戸棚がつけられていました。

リノベーション後は、キッチンの向きを変え、フルオープンにしています。

赤い線がリノベーション後です。取り除いた壁は、青色で×をつけました。

写真で見るbefore after

before

右奥がキッチンです。

ピンクを基調としたキッチンでした。

調理する側にも、背面にも吊り戸棚があり少し圧迫感がありました。

after

実はこれはまだ工事中の写真で、まだ、コンロ前に入る油避けのガラスが入っていません。

完成したら、写真を差し替えようかな、と思っています。

キッチン腰壁のタイル(名古屋モザイク マルアーク RF−49)

キッチンの腰壁は、ネイビーのタイルに灰色の目地を使いまいした。フランス貼りといって、大きさが異なる二つのタイルを貼り付けたデザインです。

このタイルは、大正解!

少し色むらがあるタイルなのですが、良い雰囲気になりました。

目地の色は、ぎりぎりまで白でお願いしていたのですが、灰色に変更したのも良かったです。

目地を白にすると、もう少しポップな感じになっていたと思います。ネイビーと白の色の差が大きいので、人によっては煩く感じてしまうかもしれませんね。ここは、好みの問題かな?

キッチン床の塩ビタイル(東リ PST1394)

キッチンの床は、フローリングではなく塩ビタイルを使用しました。塩ビタイルは、安価ですが種類が豊富です。私は石目調のものを選びましたが、タイル調や木目調のものもあります。

私が選んだ塩ビタイル(東リ PST1394)

塩ビタイルは、耐水性に優れていて掃除をしやすいのがメリットだと思います。

キッチンに立ってみると、少し冷やっとしました。素足にはあまり馴染まないかな。

まあ、スリッパを履けば問題ないし、水をあまり気にすることがないので、ずぼらな私にはぴったりかと。

サンゲツのIS734と悩みました。より、石っぽくてかっこいいかなと。

サンゲツ IS734

うん。サンゲツのほうがモルタル調で格好いい。東リのほうは普通なかんじです。でも、キッチンの腰壁が映えるから無難に東リので良かったのかな。(正直、どっちがいいかわからない)

キッチンの立ち上げ部分(名古屋モザイク イリーデ IR-4)

これ、サンプルを写真とったのですが……がっちり影が入り込んでしまいました。

毎度毎度、私の写真の下手さには自分でもがっかりです。見苦しい写真ですみません。

名古屋モザイクのイリーデは、焼きものの和っぽい色むらがあるシリーズです。

でも、私が選んだIR-4は色むらも和っぽさもありません。シンプルで好きでした。地下鉄の壁面とかに使われてそうな感じ。

目地は、絶対白!!と意気込んでいたのですが、キッチンの調理場側だと、目地に汚れがつきやすいのだそうです。

汚れが目立つのは嫌なので、灰色の目地を選びました。思ったより、目地が目立つなぁ……。

キッチン上のペンダントライト  (アートワークスタジオ ジュピターペンダント)

このペンダントライトがなくても、スポットライトの灯りだけで明るさは十分です。

飾りです!ナチュラルな雰囲気が気に入りました。けっこう安いんですけどね。

暗くなると、ムーディーだっ。

お気に入りの場所になりました

キッチンまわりは、おおよそイメージどおりの仕上がりです。いや、予想以上に良かった♪

私好みのお気に入りの場所になりました。

キッチンはLIXILのシエラなのですが、この使い心地はまた後日にブログに投稿したいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

ブログ村 WEB内覧会*リフォーム・リノベのトラコミュに参加しています。

WEB内覧会記事が集まっているので(まだ記事数が少ないですが)是非見てくださいね↓

にほんブログ村テーマ WEB内覧会*リフォーム・リノベへ
WEB内覧会*リフォーム・リノベ

記事下

記事下

-リノベーション, *WEB内覧会*

Copyright© リノベーションのひとつひとつ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.